病気を治療したい方のためのお助けサイト!
あなたは当サイト開設以来 人目のお客様です 本日 人   昨日 
名医・実力病院選びの専用サイト

 
病気治療navi-受けたい名医の最新治療-
最終更新日         . 
平成25年2月9日
 「病気治療navi」は、病気や怪我をきっちり治療したいという方のための情報提供サイトです。それぞれの症状に応じた最新治療、名医情報、実力病院等の情報を掲載しています。
(スポンサードリンク)


カスタム検索

悪性リンパ腫を治療する際に知っておいた方がよいこと

(効果の高い薬剤が次々導入!)
 血液がんで最も多い悪性リンパ腫は、毎年新たに約1万7000人の患者が診断されています。
 転移しやすく治療が難しいとされていましたが、効果の高い薬剤が次々に導入され、治療成績は大幅に改善しています。大手新聞社が実施した調査では、入院治療や抗がん剤の量を調整するなど、患者が多い高齢者の負担を減らす工夫が目立っています
 悪性リンパ腫は、英国の研究者ホジキンにちなんで「ホジキンリンパ腫」と、それ以外の「非ホジキンリンパ腫」の大きく2つに分けられており、「非ホジキン」が9割を占めます。
 非ホジキンの中で最も多く、3割程度を占めるのが「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」です。
 標準的な治療法は、生物学的製剤「リツキサン」のほか、ステロイド剤と3種類の抗がん剤を3週間ごとに計6~8回投与する方法で、「R―CHOP(アール・チョップ)療法」と呼ばれます。
 リツキサンは2001年に承認されました。がん細胞表面のたんぱく質と結合すると、体内の免疫反応が強く起こり、マクロファージという細胞ががん細胞を攻撃します。
 非ホジキンの「手術なし」の症例数が436例と全国で2番目に多かった神戸市立医療センター中央市民病院の免疫血液内科の石川隆之部長は、「リツキサンの承認で治療成績は大きく向上した」と語っています。
  sponsored link
 ただ通常の抗がん剤も併用するため、副作用のリスクがあります。同病院は「高齢患者では再発と副作用の両方を起こしにくくするぎりぎりの範囲で抗がん剤の量を調整する」とのことで、悪性リンパ腫の1割を占めるホジキンについても4種類の抗がん剤を2週間おきに12~16回繰り返す標準的な化学療法を採用していますが、患者の体力などに応じて投与の量を減らしています。

(抗がん剤治療の使用について)
 抗がん剤治療を受ける患者も増えています。ただ非ホジキンの「手術なし」症例数が370例と全国で3番目に多い国立病院機構「熊本医療センター」の河野文夫副院長(血液内科)は、「高齢者は通院治療が厳しいこともある」と指摘しています。
 抗がん剤や放射線の標準的治療で再発の可能性が高い場合は、より大量の抗がん剤投与や放射線治療を行いますが、血液をつくる造血幹細胞も破壊されるため骨髄移植や臍帯(さいたい)血移植を併用します。
  
(悪性リンパ腫の実力病院)
 日本経済新聞社が提供しているデータを一部参照しました。診療実績(手術あり・なし)の数値は、厚生労働省が2011年に公開した2010年7~2011年3月の症例数(退院患者数)に基づきます。
非ホジキンリンパ腫の実力病院(関東)
病院名 所在地 手術
なし
手術
あり
栃木県立がんセンター 栃木県 260 64
横浜市立市民病院 神奈川 234 15
がん研究会有明病院 東京都 226 60
杏林大学病院 東京都 204 17
千葉県がんセンター 千葉県 199 24
非ホジキンリンパ腫の実力病院(近畿)
病院名 所在地 手術
なし
手術
あり
神戸市立医療センター中央市民病院 兵庫県 436 49
京都第一赤十字病院 京都府 227 29
姫路赤十字病院 兵庫県 208 17
天理よろづ相談所病院 奈良県 195 31
京都桂病院 京都府 171 17

(悪性リンパ腫治療の病院選び)
 非ホジキンリンパ腫は細胞の種類などで細かく分類され、治療法も変わります。専門医の一人、国立がん研究センター中央病院の飛内賢正副院長(血液腫瘍科)も「専門的な検査に基づいた正確な診断が必要」と語っています。
 命にかかわる重大な病気ですから、医師や病院選びは納得のいく形でなされることをお勧めします。

(参考)悪性リンパ腫の名医リスト 
(参考)悪性リンパ腫の薬物療法の現状
(参考)白血病の薬物療法(抗がん剤、分子標的薬他)
(参考)私が血液のがんならこの医者に行く!「白血病治療の最高の名医」
 
(参考情報)漢方薬として初めて中国政府から抗がん薬の医薬品として認可された「天仙液」について
 天仙液(てんせんえき)は、天然漢方生薬だけの配合、処方による抗がん薬として、中国政府(中国国家衛生部=日本の厚生労働省に相当)が1988年にがんに対する高い治療効果を認め、漢方薬で初めて医薬品として認可された『複方天仙膠嚢(ふくほうてんせんこうのう)』(製品名「天仙丸」)を、最新科学技術によってさらに効果を高めて、液体に改良、進化した抗がん漢方薬(医薬品)です。
 世界各国の大学病院や研究機関、研究施設などで、その作用と治療効果が次々に確認され、立証し続けられています。
 世界20カ国以上に供給されており、多くのがん患者の人たちに使用され、世界で認められた抗ガン漢方薬 と言われるほど有名な抗がん漢方薬として、広く知られています。公式サイトでは、悪性リンパ腫を克服した方の体験談も紹介されています。

(スポンサードリンク)




『ご留意事項』
・医療機関等を選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関等にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「病気治療navi」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※医師の紹介や病状のご相談等は受け付けておりません。ご承知置き下さい。

-病気治療navi-
COPYRIGHT (C):chiryo-navi 2013. ALL RIGHTS RESERVED.