病気を治療したい方のためのお助けサイト!
あなたは当サイト開設以来 人目のお客様です 本日 人   昨日 
名医・実力病院選びの専用サイト

 
病気治療navi-受けたい名医の最新治療-
最終更新日         . 
平成25年5月3日
 「病気治療navi」は、病気や怪我をきっちり治療したいという方のための情報提供サイトです。それぞれの症状に応じた最新治療、名医情報、実力病院等の情報を掲載しています。
(スポンサードリンク)


カスタム検索

胃がんを治療する際に知っておいた方がよいこと
  NAVERまとめ「胃がんの治療」

(症例数の多い病院は治療法を使い分けています)
 胃がんは年間12万人近くが発症し、がんの中で最も患者数が多くなっています。初期であれば内視鏡を使って治療でき、5年生存率は100%に近い状況です。
 内視鏡で切除できないケースでも、体の負担が少ない腹腔鏡手術を選択する病院が増えています。大手新聞社が行った調査によれば、症例数が多い病院は腫瘍や患者の状態を慎重に見極めながら、治療法を使い分けているようです。
 胃がんは胃の粘膜から発生し、5層からなる胃壁の深部へと進行します。
 表面の粘膜にとどまっている初期の段階はリンパ節やほかの臓器に転移している可能性が低く、開腹せずに内視鏡で治療できます。
 学会の治療ガイドラインによると、「大きさが2センチ以内」「潰瘍がない」などの条件を満たした場合が対象となります。
 内視鏡を使った治療には2つの方法があります。患部の下に生理食塩水を注入して腫瘍を浮かせ、ワイヤを引っかけて高周波電流で焼き切る「EMR」と、腫瘍の周囲と下部にナイフを入れて剥離する「ESD」です。
 この手術で定評のある大阪府立成人病センターの上堂文也医師(消化管内科副部長)は「ESDはEMRよりも診断範囲を確実に切除するので取り残しが少ない。その分、時間がかかり出血もしやすいため、高い技術が必要」と話します。同病院の内視鏡切除術は全国で3番目に多い215例で、このうちの95%以上はESDだといいます。
  sponsored link

 内視鏡を含む手術件数が全国最多の780例のがん研有明病院(東京・江東)は開腹と腹腔鏡をほぼ同率で実施しています。どちらの方法にするかはガイドラインや患者・家族の意向を踏まえ、消化器系の臓器に詳しい医師らでつくる「キャンサーボード」が方針を決めます。
 腹腔鏡は早期がんでも内視鏡で粘膜下層をはがせない例で選択します。また進行がんは広くリンパ節まで取り除く必要があるため、開腹手術を選びます。
 抗がん剤を併用しながら治療を進めることで、5年後生存率を改善しているのです。
 

(化学療法に注目が集まっています)
 胃がん治療の中で、抗がん剤を使う化学療法の重みが増しています。完治が難しい患者の延命や苦痛の改善に限らず、手術と組み合わせることで再発のリスクを減らすなど用途が多様化。効果的な投与方法の研究も進んでいます。
 がん細胞を狙い撃ちする「分子標的薬」にも注目が集まっています。
 国内では乳がんの治療に使われてきたトラスツズマブ(商品名ハーセプチン)が2011年3月、胃がんでも保険適用が承認されました。がん細胞の増殖を促すたんぱく質「HER2」と結合し、がんが大きくなるのを抑えます。
 HER2が多いがんに対して高い効果が期待でき、従来の薬より副作用が少ないとされています。
 効率の高い投与方法の研究も進んでいます。腹膜に転移した場合、腹部に筒状の器具を挿入し、抗がん剤を腹腔内に直接注入する方法があります。
 飲み薬や静脈注射に比べ、抗がん剤が高い濃度のまま患部に届くとされます。先進医療として、東京大病院(東京・文京)、大阪府立成人病センター(大阪市)、鹿児島大病院(鹿児島市)などの指定医療機関で実施されています。
 
(病院が公表している生存率の読み方…単純比較は禁物!)
 がん医療の中核となる全国31病院でつくる全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)の病院別生存率が2012年10月23日付で公表されました。
診断5年後生存率が高い病院(胃がん)
病院名 生存率
(%)
Ⅰ期/
Ⅳ期
手術率
(%) 
大阪府立成人病センター 80.2% 6.5 85.8%
新潟県立がんセンター新潟病院 78.5% 3.3 90.9%
山形県立中央病院 77.0% 3.4 85.3%
診断5年後生存率が低い病院(胃がん)
病院名 生存率
(%)
Ⅰ期/
Ⅳ期
手術率
(%) 
茨城県立中央病院 56.2% 1.9 67.6%
北海道がんセンター 57.9% 1.7 74.2%
東京都立駒込病院 60.5% 1.8 76.6%

  「生存率が高いほど治療水準が高い」と考えがちですが、患者の状態や病院の特徴にも左右されるため単純な比較はできません。生存率は病院を選ぶ際の一つの目安になりますが、受け入れている患者の状態によって、大きく影響される数値であることを知ったうえで比較する必要があります。
 参考になる指標が「1期/4期比」です。「Ⅰ期/Ⅳ期比」とは、がんがあまり進行していないⅠ期の患者数を、最も進行したⅣ期の患者数で割ったもので、この数字が小さいほど、進行した患者を治療した割合が高いことを示します
 進行した患者の割合が高まれば、病院全体の生存率は低くなりやすくなります。
 全症例に占める手術患者の割合を示す「手術率」にも注意が必要です。手術を施すのは、ほかの臓器やリンパ節へ転移しておらず、手術で腫瘍を切除できる状態の患者ですので、手術率が高ければ、生存率も上昇する傾向にあると言えます。

(胃がん治療の病院選び)
 「胃がん専門医がいる医療機関ならば治療レベルは変わらない」と良く言われますが、やはり設備の整った病院で、経験豊富な医師に診てもらいたいと思われる方が多いと思います。
 どのような医療行為や手術にも少なからず、リスクや危険性が伴います。また、がんにおいては誤診というリスクもあります。命にかかわる重大な病気ですから、医師や病院選びは納得のいく形でなされることをお勧めします。

(名医情報)がんの名医「メディアで紹介された予約殺到のスゴ腕ドクター」
(参考)「名医」のがん最新治療と全国の名医
(参考)胃がん治療の名医と言われているドクター
(参考)胃がんに強い病院ランキング-全国病院ランキング&名医情報  
 
(参考情報)漢方薬として初めて中国政府から抗がん薬の医薬品として認可された「天仙液」について
 天仙液(てんせんえき)は、天然漢方生薬だけの配合、処方による抗がん薬として、中国政府(中国国家衛生部=日本の厚生労働省に相当)が1988年にがんに対する高い治療効果を認め、漢方薬で初めて医薬品として認可された『複方天仙膠嚢(ふくほうてんせんこうのう)』(製品名「天仙丸」)を、最新科学技術によってさらに効果を高めて、液体に改良、進化した抗がん漢方薬(医薬品)です。
 世界各国の大学病院や研究機関、研究施設などで、その作用と治療効果が次々に確認され、立証し続けられています。
 世界20カ国以上に供給されており、多くのがん患者の人たちに使用され、世界で認められた抗ガン漢方薬 と言われるほど有名な抗がん漢方薬として、広く知られています。

(スポンサードリンク)




『ご留意事項』
・医療機関等を選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関等にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「病気治療navi」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※医師の紹介や病状のご相談等は受け付けておりません。ご承知置き下さい。

-病気治療navi-
COPYRIGHT (C):chiryo-navi 2013. ALL RIGHTS RESERVED.