病気を治療したい方のためのお助けサイト!
あなたは当サイト開設以来 人目のお客様です 本日 人   昨日 
名医・実力病院選びの専用サイト

 
病気治療navi-受けたい名医の最新治療-
最終更新日         . 
平成25年2月2日
 「病気治療navi」は、病気や怪我をきっちり治療したいという方のための情報提供サイトです。それぞれの症状に応じた最新治療、名医情報、実力病院等の情報を掲載しています。
(スポンサードリンク)


カスタム検索

高血圧治療のポイント! 高血圧対策の最新知識!!

(血圧の異変は最低血圧の上昇から)
 高血圧は日本に約4000万人いるとされる、まさに国民病です。
 自覚症状や痛みは伴わないものの、脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが高まる「サイレントキラー」だけに注意が必要です。早めの予防と治療は脳卒中などのリスクを減らせるため、30歳代でも表れ始める兆候を見逃さないことが重要です。
 その兆候として、拡張期血圧(最低血圧)の異常があります。
 高血圧の初期段階に、拡張期血圧の異常が表れるのは疫学調査結果からも明らかです。高血圧は血管が詰まる動脈硬化が原因ですが、20~30歳代の若い頃は血管が軟らかく、動脈硬化による圧力の上昇は吸収され、血液が勢いよく流れる収縮期は血圧が上がりません。
 ところが血液の流れが緩やかな拡張期は、血管の柔軟性には関係なく、血圧が上がりやすいのです。
 40歳代になって血管が硬くなると、これが逆転します。血管の柔軟性が失われて、収縮期では血圧が上がる一方、拡張期は血圧が下がっていきます。高齢者は最高血圧と最低血圧の差が大きくなるのは、これが理由です。

(薬は副作用が少ないと言われています)
 肥満解消、塩分の摂取制限といった生活改善を行っても十分に血圧が下がらなければ投薬治療になります。
 薬は飲み続けることになりますが、生命に関わるような副作用はほとんどなく、血圧を下げる効果の方が高いと言います。
 数十万人を対象にした疫学調査では、投薬によって収縮期の血圧を10下げると、投薬治療をしない場合に比べて脳卒中の発症リスクが30~40%、死亡率が12~13%減るという結果が出ています。
 心筋梗塞や動脈瘤など循環器病で死亡するリスクは高血圧だとリスクは3倍以上高まります。
 高血圧の裏に潜む大病は生命の危険や大きな後遺症を生むため、血圧を良好にコントロールすることは、大変重要です。
sponsored link
(重症度別の治療)
 測定された血圧を基に、わが国ガイドラインの「血圧レベルの診断と分類」に従って高血圧診断と重症度分類が行われ、次いで「重症度別治療方針」に準じて患者の治療方針が決定されます。
 この重症度別治療方針は高血圧治療の一応の目安とされ、各患者の合併症(糖尿病、高脂血血症、心臓病など)や危険因子の有無などによって変更されることがあります。

 (我が国の高血圧ガイドライン)

重症度 治療方針
正常高値  食事や運動を中心とした生活習慣の改善指導を行い、血圧経過の観察を行う。通常、薬物治療は行わない。
軽症高血圧  脳、心臓、腎臓など明らかな合併症が認められない場合、先ず生活習慣の改善と食事療法を指導し、数か月経過観察し、血圧の改善がない場合には薬物治療を開始する。
中等症高血圧  1~2週間生活習慣の改善を行い、血圧降下が認められない場合には薬物療法を行う。    
重症高血圧  かなりの合併症を伴うことが多く、生活習慣の改善と食事療法を厳格に実施し、同時に薬物療法を行う。
(参考)高血圧治療の名医と言われている全国のドクター 
(参考)高血圧治療のポイント! 高血圧対策の最新知識!! 
(参考)
日本を代表する高血圧の名医 桑島巌先生
(参考)仮面高血圧症治療の名医と言われているドクター
(参考)薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる食事法! 
(参考)高血圧の治療法、症状、名医等の情報を検索する 
 
(高血圧の治療)
 
高血圧治療の目的は、血圧を下げることそのものではなく、将来の心臓や血管の病気と、それらの結果としての虚血性心疾患や脳卒中を防ぐことです。
 これまでに行われた様々な試験の結果、適切な降圧治療(高血圧の治療)は高血圧患者に多くの有益な効果をもたらすことが明らかになっていますので、高血圧だと診断されたら、「自覚症状がないから平気」などと思わずに、早期に治療を始めることをお勧めします。
 また、既に糖尿病や脂質異常症、肥満など、心血管病の多くのリスクをもっている人は、治療を受ければより大きな効果が得ることが出来ます。
 日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインによると、具体的な治療は、血圧がどの程度高いのかと、高血圧以外の心血管病のリスクがどのくらいあるかによって3つに分けられ、それぞれ違ってきます。
 例えば低リスク群は、生活習慣改善を治療の中心としますが、生活の改善を3か月続けても血圧が140/90mmHg未満に下がらない場合には、くすりによる治療が併せて行われるようになります。
 中等リスク群も、まず生活習慣の改善から取り組みますが、低リスク群より早く、1か月後に140/90mmHg未満に下がらない場合には、降圧薬治療を合わせて行っていきます。
 高リスク群と重症血圧患者は、高い血圧のまま放置すると危険なため、はじめから生活習慣の改善と薬物療法を同時に始めます。
(スポンサードリンク)



『ご留意事項』
・医療機関等を選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関等にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「病気治療navi」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※医師の紹介や病状のご相談等は受け付けておりません。ご承知置き下さい。

-病気治療navi-
COPYRIGHT (C):chiryo-navi 2013. ALL RIGHTS RESERVED.