病気を治療したい方のためのお助けサイト!
あなたは当サイト開設以来 人目のお客様です 本日 人   昨日 
名医・実力病院選びの専用サイト

 
病気治療navi-受けたい名医の最新治療-
最終更新日         . 
平成25年1月27日
 「病気治療navi」は、病気や怪我をきっちり治療したいという方のための情報提供サイトです。それぞれの症状に応じた最新治療、名医情報、実力病院等の情報を掲載しています。
(スポンサードリンク)


カスタム検索

肉離れを治療する際に知っておいた方がよいこと

(肉離れ・怪我をしてしまった時にすべきこと) 
 スポーツ等の現場で「ケガ」人が出たとき、病院や診療所にかかるまでの間、損傷部位の障害を最小限にとどめるためにおこなわれるのが「RICE処置」という対応法です。
 RICE処置とは、『患部の出血や腫脹、疼痛を防ぐことを目的に患肢や患部を安静にする(Rest)、氷で冷却する(Icing)、弾性包帯やテーピングで圧迫する(Compression)、患肢を挙上する(Elevation)』の頭文字をとったものであり、スポーツを始め、外傷の緊急処置の基本です。肉離れの際にもRICE処置は重要で、早期スポーツ復帰に欠かせないものです。

(肉離れの診断と基本的な対処)
 肉離れの典型的なものは、スポーツをしているとき、ふくらはぎの内側の中央上部(上中1/3部)に痛みが生じるものです。大腿部に生じることもあり、体重をかけると痛むために通常の歩行が出来なくなります。

 スポーツによるものが多く、典型的なふくらはぎの肉離れは、下腿二頭筋の内側頭の筋肉の部分断裂です。大腿部のものは、前面は大腿四頭筋、後面はハムストリングの筋部分断裂です。 
 肉離れの場合、問診と視診、触診で診断することができます。
 より詳しく検査するときは、MRI検査や超音波検査が行われますが、これらでどのくらい断裂しているか肉離れの状態をよく観察します。因みにレントゲンでは異常は認められません。
 重症度により、安静、湿布、ぬり薬、内服薬などの治療法が必要になります。スポーツ競技に復帰される方は、ストレッチする時の痛みがとれて、健側と同じ通常のストレッチ感(伸されている感じ)になるまでジャンプやダッシュは避けるべきでしょう。マッサージとストレッチは、治療にも予防にも大切です。

(特に重度の場合は治療をきっちりと行いましょう)
 肉離れと一言で言っても重症度は様々です。最初にその重症度を判断することは困難で、エコーやMRIなどで重症度判断の試みがなされています。
 大体程度は3段階に分かれ、軽度なら数日で、中等度なら2~4週、重度なら1ヵ月半程度治癒にかかるとされます。
sponsored link
 重度の肉離れでは治療の手段としてある程度のリハビリを行う必要になることもあります。専門の医師や柔道整復師の治療を必ず受けるようにしましょう。素人療法は危険です。
 少しでも早く治したいと思われるでしょうが、肉離れは筋肉の損傷です。組織の損傷である以上、切り傷が治るのに一定の時間が必要なのと同様、その治癒には一定の期間が必要です。
 痛みの程度と筋肉の硬さを見ながら、主治医とよく相談して治療をしていく必要があります。


(肉離れの再発防止)

 よく「肉離れはクセになりやすい」といわれます。それはまだ完治していないうちに、次の運動を始めてしまうからです。
 アイシングやテーピングなどの治療を施して痛みやはれが引いても、筋組織の状態は回復しきっていないこともあります。痛みも感じず、見た目に何の異常も見られなければ、多くの人は治療を途中で止めてしまい、結果として再び痛くなることがあります。肉離れは再発しやすいとされる理由はここにあります。
 特にスポーツをやっている人は、十分に注意しなければなりません。最後まで治療を受けて完治したあとも、再発防止を心がけましょう。

(参考)整形外科の名医「メディアで紹介された予約殺到のスゴ腕ドクター」
(参考)肉離れ治療の名医&おすすめ病院の連絡先
(参考)スポーツ整形のゴッドハンド 宗田大先生
(参考)トップアスリートが通うスポーツ整形外科

(スポンサードリンク)




『ご留意事項』
・医療機関等を選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関等にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「病気治療navi」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。
※医師の紹介や病状のご相談等は受け付けておりません。ご承知置き下さい。

-病気治療navi-
COPYRIGHT (C):chiryo-navi 2013. ALL RIGHTS RESERVED.